概要

GISTについて

GIST

平成24年1月、政策研究大学院大学は、文部科学省「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』:SciREX」の基盤的研究・人材育成拠点整備事業において、拠点間連携に主導的な役割を担う総合拠点として採択されました。これを受けて、本学は「GRIPS科学技術イノベーション政策プログラム(GRIPS Innovation, Science and Technology Policy Program : GIST)」を設立し、教育・研究プログラムを実施しています。

プログラム概要

本プログラムでは、科学的なアプローチを用い、科学技術イノベーション政策の企画・立案、実行、評価、修正を行うことができる人材の育成を目指します。特に、このような人材に求められる高度の政策分析能力と企画力、実行力、そのために必要となる複数のディシプリンの修得、社会科学諸分野における研究能力、高等教育での教授能力、高度の外国語能力を身につけた、行政官、実務者、研究者等を養成することを目指しています。
教授陣には、国内外の優れた科学技術政策研究の専門家を揃え、より実践的な研究教育を行うため、科学技術政策の第一線で活躍する実務家を客員教授として迎えています。また、優れた研究者や実務家を内外から招いて研究会、講演会を頻繁に開催しています。
文部科学省の支援によって本プログラムは運営されており、また、文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、独立行政法人科学技術振興機構(JST)、独立行政法人経済産業研究所(RIETI)との連携協定に基づき、研究・教育両面における協力を行っています。東京大学、一橋大学、大阪大学・京都大学、九州大学との共同活動、海外の大学・研究機関との連携も拡大しています。

プログラムの背景

21世紀に入り、グローバリゼーションと激しい国際市場での競争と社会の変容のもとで、新産業の創出のみならず、雇用の確保、生活の質の向上、環境問題などの様々な社会的、経済的問題の解決のために、科学技術イノベーションに対する期待は大きく、それを促進する政策に対する期待もまた高まっています。このような観点から、現在、各国は効果的な科学技術イノベーション政策の立案、デザイン、実践に向けて、知恵を絞っています。
経済学、法学、政治学、社会学等の学問分野では、現実の政策課題に対して多様な理論や分析手法が開発され、データに基づいた分析結果が蓄積されていますが、それらは政策現場でうまく活かされているとは必ずしもいえず、また政策現場における問題意識が研究者や技術者とうまく共有されずにいます。両者の間のフィードバックを促進することにより、効果的な科学技術イノベーション政策や企業戦略の実行を担う人材を育成することが強く求められています。

ページトップ RSS

当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、政策研究大学院大学としての見解を示すものではありません。また、当サイトのコンテンツを転載される場合は事前にご連絡下さい。