教育・研修

GISTにおける教育・研修

本プログラムでは、多様な学問分野の知見を統合し、社会的課題を的確に捉え、科学的なアプローチを用いて、科学技術イノベーション政策の企画・立案、実行、評価、修正を行うことができる人材を育成するため、博士課程、修士課程、短期研修等を含む、総合的な教育・研修プログラムを提供しています。
教授陣には、国内外の優れた科学技術イノベーション政策研究の専門家を揃えるとともに、より実践的な教育を行うため、科学技術イノベーション政策の第一線で活躍する実務家を客員教員として迎えています。また、最新の研究成果や政策動向に対する理解を深めるため、優れた研究者や実務者を内外から招いてセミナーや研究会を随時開催しています。
さらに、「政策のための科学」の他の人材育成拠点(東京大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、九州大学)やその他の大学、文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター(JST-CRDS)、独立行政法人経済産業研究所(RIETI)といった、我が国における科学技術イノベーション政策研究の代表的な教育・研究機関と連携し、科学技術イノベーション政策における幅広いテーマに関する教育に取り組んでいます。

プログラムの教育目標

科学的なアプローチに基づく政策研究能力を養います。

  • 先行研究のレビュー、理論に基づく仮説の構築
  • 客観的事実やデータによる仮説検証
  • 分析結果に基づく含意の考察

科学技術イノベーション政策の企画・立案、実行、評価、修正を行う能力を養います。

  • 過去の様々な内外の政策及び政府の介入とその効果に対する知識
  • 科学研究やイノベーションのプロセスに対する理解
  • 現実的な政策の形成プロセスに関する理解と企画・実践する能力
  • 海外の関係者・機関との議論・交渉の能力

想定される学生

  • 中央省庁の行政官、立法府(国会、政党、議員等)の政策スタッフ
  • 地方公共団体の行政官
  • 企業戦略の企画立案に関わる経営幹部及び候補者
  • イノベーションを通じた経済成長や開発、 技術移転等と密接に関わる国際機関の幹部職員
  • 研究機関やファンディング機関のマネジメント・スタッフ
  • 国や地方の政策形成に関わるシンクタンク職員
  • 本分野の研究と次世代の教育を担う研究・教育職の志望者、など
ページトップ RSS

当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、政策研究大学院大学としての見解を示すものではありません。また、当サイトのコンテンツを転載される場合は事前にご連絡下さい。