教育・研修

修士課程プログラムについて

本プログラムでは、科学的なアプローチを用い、科学技術イノベーション政策や戦略の企画・立案、実行、評価、修正を行うことができる人材の育成を目指します。このような人材に求められる問題分析能力と、政策や戦略の企画力を有し、高度な外国語能力等を身につけた、実務者や行政官を養成することを目指しています。
修士の学位取得を目指す学生は、4月に入学後、1年間のコースワークを通じて、基礎科目と専門科目を履修し、問題分析と政策・戦略の企画に必要な知識と方法論を身につけた上で、その後、半年間で自ら選んだ課題についての政策提言(ポリシー・リサーチ・ペーパー)を作成します。審査後に得られる学位は、修士(公共政策),Master of Public Policyです。

学位取得までのイメージ

学位取得までのイメージ

ページトップ RSS

当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、政策研究大学院大学としての見解を示すものではありません。また、当サイトのコンテンツを転載される場合は事前にご連絡下さい。